織路の鑑定こぼれ話:1日で100人タロット

横浜元町中華街の開運カフェ 店長の織路由麻(おりじゆま)です。

先日、あるイベントに出店してきまして・・・。
ロコ先生と一緒にタロット2枚引きを。

ワタシだけでも1日で100人以上

集中力が途切れることもなく、鑑定でき、

ロコ先生と
「結構、体力あるなぁ」と褒め合うなり。

目の前に座った方の一生懸命なお気持ちが
カードに伝わったのでしょう。
やっぱりカードがミラクルを起こすことを
目の当たりにしました。

ロコ先生もワタシも
お客さまの背負っている荷物の
ほんの少しでも降ろすお手伝いができて
よかったなぁと、感謝の気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村

ブログランキングに参加しています

 たくさんの方に当店を知っていただき、
 パワーを補充していただきたい

 そんな気持ちをこめて
 クリックしていただけますと、とても嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「占い」というものは、まだまだ怪しいとか、怖いとか
そんなイメージがあります。

でも「店」という漢字の中に「占」という文字が
隠されている通り、いかに、流れている気を読み、
社会のお役に立てる人財になれるか、とか
望まれているサービスを提供できるか、
それがとっても大事なのです。

だから、海外では、
大統領も、経営者も当たり前に占いを活用しています。

有名どころでいうと、
マイクロソフト、スタバ、徳川家康、松下幸之助・・・

要は、迷いなく本業をしっかり進むために
どうすればいいかの可能性を知るために
心理学でも哲学でも貪欲に使うという経営者が
成功しやすいということで、

決して
「ワタシさえ信じておればよいのぢゃ」という
魔法のような使い方をお勧めするわけではありません。

そんなことから、ワタシは
占いではなく、開運予報というスタイルを提案しているのですが

今回のイベントでは、ロコ先生と一緒に
多くの経営者の方の鑑定をさせていただきました。

いくつかご紹介します。

ズバリ金運を上げたいとのこと
1枚目のカードは、
ペンタクル(コイン)の2、正位置です。
=何とかやりくりしていることを表しています。

2枚目は、ソード(剣)の2、正位置です。
=むしろ精神的に、やりくりしている日々が相当大変そうです
 

伺うと、新規事業の継続でお忙しい日々のようで、


織路「11月末ぐらいまでは、大変かもしれませんね。」

チラリと見えた手相から、サポーターが現れる線を発見。

織路「新規事業にあたっては、お一人で進めない方が
 いいですね。自分から助けてといえば大丈夫です。
 お身内においでではないですか?」

お客さまは、ご自身がやりたかったことだから、
頼りたくなかったそうで、ご自身の責任で進めていたそうです。

さすが、経営者の方です。
ワタシがすべてのことを言わずとも、そこまでお話しただけで、

お客さま
「ありがとう。きっかけをもらった。
 今日は来てよかった。」

晴れやかな笑顔でお帰りになりました。

ぐるぐる同じところで回るよりも、
動くきっかけを探す
そんな役をするのが、開運予報。

お役に立てて良かったなーと思えた
爽やかな時間でした。

The following two tabs change content below.
風水師 織路由麻

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占いは怖くない」 それをお伝えしたくて占いについて様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく開運出来るか」「安心して人生を歩むことが出来るか」、無理なく開運をしていく、占いを人生のパートナーに出来る時を願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました