開店日を2月19日にしたわけ

「はこにわプレート」の開店は、2月19日です。

開店日だって、お店のコンセプトどおり、開運の要素を入れてみようと、

大安、友引でみるだけでなく、その日の月の形でみるとか、回っている星(日盤)でみるとか・・・、いろいろなことを考えました。

ある占いでピタッと来る日をピンポイントで選ぶのか、最大公約数的に選ぶのか?

うーん、どうしよう。

あれも、これもと、そうなると、迷い始めるというのは、なんだって同じ。

そういう時は、原点に返ってもう一度考える。

ワタシが願ったことは、体が元気になるおいしい料理はもちろん、心も元気になっていただくこと。

そのために「占い」を活用して「開運」の支援をすること!!

だから、「○○占いで、日がヨカッタから」という理由が先に来たらダメだー。

原点に返って、まず、自分の心が元気になることをポイントにして考えることにしました。

自分が選んだ理由を自信持って言えて、新しい一歩を進むことができるような日で・・・。

それで、二十四節気の「雨水(うすい)」の日を開店日にしました。

自分の誕生日(月は違いますが・・・)でもあるし。

雨水=「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」(暦便覧)。

空から降るものが雪から雨に変わり、雪が解けはじめ、寒さの峠を越し、春を迎える

幕開けにとってもいい日だと思いました。

日を決めて、そこから、スケジュール確認して、レセプションその他の日をそれぞれ占ってみて・・・。

お客さまにも、社員にも、お店にも、会社にも、自分にも、ヨカッタ。やったー!

「この日なら、新しい方とのご縁がたくさんあって、元気やチャレンジの気がいっぱい詰まっていて、望み通りのお店になりそうですよ。」

と、自分で自分の背中を押しました。

これからも、原点に返る機会がたくさんありそうです。

The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました