2017年南西吉方位旅行ツアー出張@神津島(伊豆七島)の報告①

横浜元町中華街の開運カフェ はこにわプレート店長の織路由麻(おりじゆま)です。

3日ぶりです。(昨日はブログとは言えない短さなので)
昨晩、離島の神津島より戻りました。
出張とはいえ、今回の方位を見る。
「磨かれて玉になる方位」、難行を超えてこそ運がつかめるってことを自覚し、
諦めず頑張りましたとも・・・。
それでは!

※伊能忠敬の測量図

神津島(こうづしま)は、東京から約180キロ南西、伊豆七島のイチバン遠い場所にあり、人口約1900人の小さな島です。

東京観光財団さんが主催する、離島を「縁結びツアー」として活用できないかという企画にご招待いただいたのです。
ダイスコネクティングの小犬丸さんが「こんな人(織路)がいるよ」と、ご紹介くださって、参加させていただくことに。

今回の参加者は、一般モニターさん5名、
婚活関係からは2社(ツヴァイさんとウチ!)、
東京観光財団および東京都庁の方、電通さん、JTBさん、オズモール編集部さん、
番組制作プロデューサーさん(志〇ど〇ぶつ園などの番組を担当されています)、
サンケイリビングさん、ミライカレッジ講師の吉村先生、
エスケープハントジャパンの山田代表(謎解きツアーを主催)、
中国インバウンド担当さんなどなど、合計21名でした。

当初の依頼は、モニターさん5人の占いの鑑定だけで良かったのですが、
織路「せっかくですから業者枠の皆さまもご希望があれば鑑定させていただきますよ。」
その時点では追加の方は6人。
でも、あとから居酒屋さんで鑑定を受けた方の報告でウワサになり、次々お越しになり、
ワタシ自身はその懇親会に出ず、個室でビールの差し入れをしていただきながら、
おひとりずつぶっちぎりで11時過ぎまで鑑定することになり、そして帰りの船でもギリギリまで。
船酔いがひどいワタシに遠慮している方を見ていると、いや負けるもんか全員鑑定する!

磨かれましたとも。えぇ。
そのお話はまたあとで。

朝7:45竹芝桟橋に集合のため5時起き。

エスケープハントジャパン代表の山田さんと。(偶然にも旅館のお部屋も同室でした)

高速ジェット船を使えば4時間ぐらいで着きます。
水圧で船を浮かせて飛ばすので、揺れの影響を受けにくいそうです。
行きはこの太陽が昇るおめでたい絵柄の船で。

行きの席で隣り合った方を鑑定(^^♪
そして、紙を見ながら鑑定していたので油断し、きっちり船酔いす。

12時半頃到着。
岩肌が半分見えているので聞いてみると2000年に発生した地震で崩れたそうです。
生々しいなーーー。

おむすびの軽いランチのあと、お水を汲みに。
神津島は、良質のお水がたくさん出ます。チョロチョロではなく、どーんと湧き出ております。
ミネラルが豊富なのか、シャープではなく、やわらかなおいしいお水でした。
美味しいのでごくごく飲めます。

 

これは天草を何度も塩抜きするためのもの。
それだけのためにこの水を使うのは、なんと贅沢!!!

本当は2日目だったのですが、お天気の今日のうちにということで、初日に天上山のトレッキングに。

日ごろ運動不足のワタシ、シューズは、これだったはずですが、すでに船の中で靴擦れし、普通の靴に履き替える。
神津島観光協会さん「ぜったい無理です。滑りますよ」

とほほーーーー。

虫よけを塗り、準備体操をして、いざ山の中に。

山の神さまといわれる前田さん
「岩肌から落ちたら終わります。足元悪いから、体力がない人はボクのすぐ後ろを歩いてください」
日ごろはのんびりしている織路、さささっとすぐ後ろにつく。

ワタシの命を救ってくれた杖。山の神(前田さん)が置いたのだそうです。

織路「階段って300段ぐらいですか?」
山の神「ふふふ。たぶん数えきれないと思うよ。1万ぐらいはあるかもね」

1万か。すでに気持ちが落ちる・・・。
冗談だったらいいなと祈るような気持ちで・・・、やっぱりこういう階段が続きました(泣)

傾斜きついです。

 

無事の航海を願うために漁師さんがお参りするそうです。
(海がよく見えるからですね。ここはまだ中腹8合目ぐらいです。
こんなところまで・・・。かなり岩がごつごつしています)

途中、ジャングルのように草木が生い茂った中もズンズン。
虫が苦手なワタシですが、そんなことを気にしている余裕がなくなる。

変わりやすい天候、風が強く、そのままカラダを持っていかれそうにも。
杖でしっかり支えて耐える。杖の存在は偉大なり。
天使の梯子(光が雲から降りてくるような感じです)が時々見えて
勝手にワタシにエールを送ってくれていると思うことにして自分を励ます。

 

山頂近くにあるハートの形をした池(不動池)が奥に見えます。
雨が降らない日が続くと見れないのですが、この日は見えました(^^♪

真ん中は龍神さまが祀られています。

山の神「この池まで下りますからね。近くで見えますよ」
いや何で降りるの?
いかなくてもいいのに、と思う気持ちが半分(いや半分以上)、情けない。

近いとハートには見えないです。

山の神「さ、ここから山頂を目指しますよ」

えええーーーーーーー(たぶん全員思ったと思ふ)

そして到着。山頂の柱の上に小さい龍が鎮座。
山の神「これ、僕が買ってきて柱の上にくっつけたのー。」

山の神から最終日にいただいた山頂記念。ありがとうございます(拝)

やっぱり、山頂まで行くと達成感があります。
このハードなトレッキングで愛をはぐくむことができたカップルは結びつきも強いんだろうな。

天気がまた怪しくなってきたので、ズンズン降りる。
膝が笑うという方もいましたが、ワタシは靴の裏がうすっぺらいので、
岩や石がゴツゴツした中をずーっと4時間近く歩いた天然の足裏マッサージ効果で、
膝が笑う前に足の裏の方がジンジン、イタイよーーー。
戻り始めてすぐにワタシの頭の中の音楽は、自然とジンギスカンに。
登山靴の底が厚い理由を実感する。とほほ。

そのまま島が経営する温泉センターへ。

そして、BBQ会場に。

島民の方や観光協会の方もお越しになり、懇親会。
お肉もありましたが、金目鯛がたくさんなのに驚く。高級魚がいっぱい。
イカやホタテも、大きな鯛も。
「今朝釣ってきたばかりだよー」

眺めていると、島民の方はウインナーやお肉や焼きそばを。
こちらは魚まっしぐら。プリプリをたくさんいただきました。

そして21時になり、解散・・・ではなく、
観光協会さん「さ、これから星を見に行きましょう!」

真っ暗な中、坂道をズンズン。どこまで登るんだろう・・・。
高台の真っ暗な場所まで連れてきていただき、全員横になる。
カシオペア座やアンドロメダ星雲などを双眼鏡でみながら、熱く語られる星座のお話を1時間近く伺う。

カップルなら、双眼鏡を貸し借りしつつ、ロマンティックな時間になるはず、が、
ワタシは、何度も意識が途切れ、顔をペシペシしながら星を見ておりました。
そんな中、シュッ、キラリーン。流れ星です。
運よく見られたよーーー(泣)

モニターツアーなので、ありがたいことに、あれこれ盛りだくさん。
10時半頃、旅館に戻り、そのまま意識を失うように長い1日は終了したのでした。

やっぱりこの方位、準備不足のところを徹底的に突っつくんですね。
今度から、もう少し早めに(不足があったときはお店に買いに行けるような時間に)準備シマス。

相変わらずの珍道中。
2日めのお話はまた明日②にて。

明日は、終日ご予約の鑑定をしています。

明日の開運予報
要点を抑えることに取り組みましょう。いろいろな条件を入れると判断できません。
大事なポイントはどこかということを考えることで、運の流れが早くなります。



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました