2022年最初のイヤーズタロットのご案内(受付始めます)

風水師の織路由麻(おりじゆま)です。

幸せになるためのきっかけにするべく、毎年
ワタシが自分のために(←ここ大事です)していることが、3つあります。

①その年の運気を掴むコツを洗い出すこと
⇒それがお茶会の資料になります。

②意識して流れが掴めるようグッズを探すこと
⇒オススメしたいお財布や、ブレスレットになります。

③毎月注力すべきカギを探すこと
⇒イヤーズタロットに

今回は③のご案内です。

【1年の運気の流れを見るイヤーズタロット】

■日時:1月2日~31日 11:00~22:00
ご希望の日時をお書きください。
その中から予約が空いている時間で鑑定させていただきます。
ZOOM鑑定を基本にします。

対面鑑定は、10日、17日、24日(13-21時)で行います。

■鑑定時間:おおよそ30分(10分ほど時間延長しました)
■料金:
ZOOM鑑定:8800円(税込)
郵送鑑定:11000円(税及び郵送料込)
対面鑑定:12000円(税込)

下記は、去年書いたブログをそのまま転載します。
今年の自分の鑑定は、1年が終わってから検証とともに書きます。

■事例:自分のカードを読み解く
※長いのでお時間あるときに。

下記は、私の2019年の配置です。
今年、2020年は、ここまで出ませんでしたので、いちばんわかりやすい事例として紹介します。

鑑定できる方がみたら、ヒヤッとするだろうカードが3枚出ていました。

左のマジシャンと書いたカードが1月で、
そこから右下にむかって2月、3月となり、そのまま毎月、ぐるっとまわって、左上の天使が羽を広げているカードが12月です。

ヒヤッとするカードは、真ん中のデスカードと、上の1枚(タワーがひっくり返ったカード)と、その横のデビルのカードを指します。

「ひぇぇぇ(新春の私のココロの声)。」
この1年、どんな事が起きるんだろうというぐらいのカードを今年は出しました。

私が思ったことは2つ。
「お客さまのカードでなくてよかった!!!かなり伝えづらいから」
「乗り切ったらかなりの検証ができるな」

ということで、その1年の出来事を簡単に解説します。

・・・・・・・・・・・・・・
真ん中と上に3枚揃って、最もキツイカードが出ています。
真ん中は死神のカードです。
2019年、1年を通して、良くも悪くも私はいろいろなことを終わらせることをカードが示唆しているということです。

「10月に、ハッキリした現象が出てくるよ。
11月は、たくさんの悪魔のささやきが聞こえてくるよ、あなたどうするの?
采配を間違えば、あなたも悪魔になるよ。
それとも死神の鎌で切られるようなことが起きるかも。
もし、それらを乗り越えることができたら、12月には落ち着くけど、できますか?」

大まかに書くと、そんな感じです。

ううう。
・・・・・・・・・・・・・・

実際はどうだったかというと。。。
まだ書けませんが、10月に、息が止まるぐらいビックリするようなことがありました。
いつかお伝えできるかと思っていますが、2020年の今も警察に相談をするなどして継続しています。

いろいろ考えましたが、相手と同じ土俵に立つことを辞めて、司法にゆだねることにしました。
そういう人生を過ごすために起業したのではない、という気持ちを強く持つことができたのは、この年初のタロットカードのお陰でもあるんです。

「あぁ、これか、カードが伝えてくれていたのは」ということを瞬時に考えました。
私は、デビル(たとえば、他責にして自分の力不足を隠すようなことですね)になるために起業したのではない。

こんな時は、2019年の予報で自分が伝えた通り、哲学書が助けになります。
「孟子」「易経」をはじめとして、「仏教聖典」「聖書」など宗教に関するもの、「武士道」「上杉鷹山」「カーネギー」「松下幸之助」などなど。。。持っていた書籍を50冊以上、繰り返し読み返し、視点を高く持つように心掛けました。

そのおかげで、フォーラムの論文のタイトルを決めることが出来、論文を書くこともできましたし、自分の中にも悪魔になる可能性があるんだという気づきも得られて、更に気を引き締めることもできました。

これもタロットカードのお陰です。

11月12月は、たぶん史上最強の睡眠時間と集中力で資料を作ったので、ストレスとあいまってロンドン旅行直前に帯状疱疹と闘うことにもなりましたが(服が擦れたらかなりイタかったです)
ぜんぶやり切ることができたのは、
12月のカードで「大丈夫、バランスとれる」ということがわかっていたからです。

いいカードも悪いカードも、乗り越えるためにどうすればいいかというヒントがたくさん出ているのだということがよくわかる1年になりました。

■なぜ1月だけ?
私は、検証した結果、イヤーズタロットを1月1日からの1カ月しかしないことにしています。
3月からとか、12月からとか、いろいろやってみましたが、どうにも結果が出なかったんです(あくまでも私の検証です)。
タロットカードは、不思議に今流れている気を感じ取ることがあるようで、
新年になって気持ちを新たにするという意識が必要なのかもしれません。

タロットカードは通常、2~3カ月先のことまでをみるために使います。
それを超えて1年先までをみるためには、時の流れのサポートを受ける必要もあるのだと思います。
だから、気持ちが改まる1月だけに限定しています(‘◇’)ゞ
※鑑定する方によって考え方は異なり、通年でされる方もいらっしゃいます。
あくまで私の検証結果ではというお話です。

■どんな風に活用しているか
1年のスケジュールを立てる時に役に立ちます。
この月に旅行しよう
お金よりは仕事運を上げるくふうをしよう
友人が頼りになりそう
親の健康に気を付けよう
事故に遭わないようにしよう

怖い鑑定はしないので、上手にご活用くださいませ。
お申込みをお待ちしています!

 

お申し込みはこちらから!

明日の予報
身ぎれいにする日。美容院やネイルなど外見を整える日に。
入浴もオススメです



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました