亡くなった方をタロットで占う

横浜元町中華街の占い開運カフェ&ダイニング

はこにわプレートの織路由麻(おりじゆま)です。

そういえば、と思い出したので・・・。

1年前のことです。
亡くなった方の事情を知らずに、
必死な想いが伝わったのか、
望まれるままタロットを引きました。

今見て同じことが言えたかどうかわからないです。

きっと、その時は、勝手にカードが
「言ってあげて」と教えてくれたのだと思います。

今ごろどうしておいでか、
急にこんなことが出てくるなんて、
軽々しくカードを扱うなという戒めを
カードが知らせてくれたのだと確信しています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

(2014年6月23日に書いたことです)

↓↓↓

今日は、不思議な依頼を受けました。
初めての体験です。

「実は、弟が急に亡くなったんです。
どうしてなのか、カードに聞いてもらえませんか?」

「・・・。」
困っておいでのようでした。

「亡くなった方のことをみたことはないんです。
できるかどうか、まずはやってみますね」

 

「しんどそうなカードがたくさん出ましたね」

「つらい過去がありながら、
何度もやり直そうとされたみたいです。」

「でも、何度チャレンジしても
どう進んでいいかわからなく
なってしまうぐらい、追い詰められていたのでしょうか?

「ご家族や周りの方は、最後までガンバレと
一生懸命に前に進むことに
協力してくれていたのでしょうね」

「最期は、満ち足りた気持ちでおいでだったみたいですよ

「やっとゆっくり休めると穏やかな気持ちで
最後を迎えられたようです。
ご家族の方が思うような、辛いお気持ちでは
なかったようですね。よかったですね」

山梨から、わざわざ来られたとおっしゃる
そのお客さまは、たくさんの涙を流されました。
ご家族の方も・・・。
ワタシも思わず・・・。

「実は、弟は、アルコール中毒で、
何度も復帰しようと、でも飲酒を
繰り返していて・・・、
自分で命を絶ったんです。
自分たちは何もしてあげられなくて、苦しくて・・・」

「楽になりました。ありがとう」

こちらこそ、お役に立ててよかったです。
ワタシではなく、カードが伝えるべきことを
教えてくれました。

『占いは脅すものではなく、
人が幸せになるために使う』

これまでもこれからも、忘れないようにしようと
お客さまが流された嬉し涙を拝見して
改めて思いました。



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました