婚活部入部をお断りした苦い思い出を検証する

風水師の織路由麻(おりじゆま)です。

1年前のこの頃に、ある男性からの婚活相談電話がありました。
1年が過ぎ、もうご縁もないので書いてみます。

とっても苦い思い出で、今でも何度か思い出すやりとりです。

あの頃はまだ「平成」

「いつ〇んでもいいけれど、一回は結婚をしてみたい」
冒頭からそんなことをおっしゃる方でした。

医師から「あなたは長生きできない」と言われたことから、悔いなくやりたいことをしたいという言葉が続きました。

難病をお持ちの方や大病を克服された方、精神的な問題や身体的な障がいをお持ちの方で婚活されてる方は、もちろんおいでです。

もう少しお話を伺ってみることにしました。

体重が100キロを超え、糖尿病、血圧が200近くあり、肝機能の数値も悪く、このままだと失明するか、血管切れるか。(年齢伏せます)
痩せるように医師に言われているけれど、この世を卒業するのは怖くないので、食べたいだけ食べて、飲みたいだけ飲んで一生を終えたいと。

織路「それは、あなたは長生きできないという医師の言葉の前に、『このままだと』という枕詞がついているということですね?
食事制限や治療をすれば、助かりますよっていうことですよね。」

「そうかもしれませんが、もう思い残すことはないんです。結婚以外。
相手が望むなら、相手が頑張って治療なり、痩せさせてくれたらいい」

うーーーーん。

織路「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできないということわざがあります。
本人が生きたいと思って治療するのではなくて、お相手がそう思うなら相手が努力したらというのを達成するのは、お医者さまでも難しいと思います。

そこまでの複雑な状況だったら、もうプロに頼り、入院してある程度痩せてからの方がいいです。素人さんには無理だと思うんです。」

「間に合わないかもしれないでしょう。
いつ〇んでもいいんです。一度は結婚してから〇にたい」

私が何か言おうとすると、この言葉でさえぎってしまいます。

織路「結婚は、自分が幸せになるためではなくて、相手も一緒に幸せになるものなんですよね。
一回は結婚してみたいなんて、ペットを飼ってみたいっていう風に聞こえます。」

いつまで経っても平行線。。。

「どうしてさっきから難しいって言うんです?
ボクは結婚したいって本気で思っているんですよ。
1%でもチャンスがあれば、一緒に頑張るのがそちらの仕事ではないんですか?
理由がわからない。
ボクのためだと思って本音で教えてください」

そうですか・・・。

ということで、

①お話が一方的で、キャッチボールができない。
キャッチボールができないと交際にはつながりにくいという事実があること

②他力であること。
自分の健康のためなのに、相手が望んで治療を望むなら協力してもいいというのは、相手に負担が大きすぎる。
相手に大変な思いをさせることがわかっているのに、他会員に紹介したくない。

③私自身が頑張ろうと言う気持ちになれない。
相手にご自身が何ができるかを考えて行動できる方と一緒に活動したい

と直球を投げました。

「ここなら温かく受け入れてくれると思ったのに。
要するにあなたはプロなのに、自信がないのをこっちのせいにしているんですよ。
他の結婚相談所〇〇〇〇(大手さんです)の方がもっと優しかった。
一生懸命探しますって言ってくれたんですよ。
ここがそんなに冷たいところだと思わなかった。
安かろう悪かろうの典型ですねっ!」

長い時間お話を伺ったものの、かえって恨まれてしまいました。
とほほ。
小さい時に「怒らないから正直に言いなさい」といわれてしゃべったら、もっと怒られた経験を思い出しました ((+_+))

怒らせてしまい、その方の扉を少しも開けることができませんでした。

あの時は、わざわざイヤがられるようなことを言わなくてもヨカッタかなーと反省したり・・・、受け入れたらとても苦労していたと思うからと思ったり・・・、複雑な気持ちでした。

厳しさは優しさ、甘さは冷たさ(これはU竹さんの信条です)。

1年経った今、同じケースだったら・・・、と考えてみました。
同じことを言うでしょうし、そもそも細かく伺う前に
「自分も努力しようという方のための結婚相談所なんです」と電話を切るだろうと思いました。

あ、これはもう苦い思い出ではなくなったなーーー。
1年の期間で、ようやくスッキリしました。

部員の方には持病がある方もおいでです。
ウチはきちんと、特記事項(開示されず結婚相談所同士で話し合うためのもの)にどう乗り越えたかを合わせて書いています。
その方がかえってお申込みがあるという事実も、実際にやってみてわかるようになりました。その事実をどう生かし、乗り越えたことをどう輝かせるか。

厳しさは優しさ、甘さは冷たさ

気持ちを切り替えて、さっ!

明日も鑑定をしています。

明日の予報
病院にいったり、カラダのメンテナンスをするのに良い日。
試験運にもよく、資格取得を目指している方は、模擬試験的な勉強方式で効果が出るでしょう



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.
風水師 織路由麻

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占いは怖くない」 それをお伝えしたくて占いについて様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく開運出来るか」「安心して人生を歩むことが出来るか」、無理なく開運をしていく、占いを人生のパートナーに出来る時を願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました