日光3日め:相変わらずてくてくてく

風水師の織路由麻(おりじゆま)です。

仲良くしていただいている方や婚活部の皆さまとともに年に数回、旅に行っていますが、大事にしているのが、おしゃべりと散歩。

広いお部屋を1つ借りて、そこに集まってはいろいろお話を。

そしてお散歩。

こちらは朝の公園。匠の木こりさんが彫った??ふくろう発見。

雨の中、山つつじを見に行った方もおいででした。

今日は、昨日行った同じ場所にもう一度。
下見をしてあったので、オランダから贈られた葵の御紋が逆になっていた灯篭(外国からの贈り物だったので不問とされたそうです)や

有1本だけ逆さにして、常に終わりはないことを伝える柱の見分け方など、
時間をかけてみてまわることができました。

狩野探幽が見たこともない象を描いたとされるものなどを見つけてみたりなど、わいわいわい。

中国を視野に入れたこれだけの大仕事、当時の担当者(今でいうと公務員やサラリーマンでしょうか)は、いろいろなトラブルもあったでしょうから、さぞ気をもんだでしょうという話をして盛り上がりました。

自分事として考えた視点でまわると、それぞれの立場の皆さまと意見交換できたので、とても楽しかったです。

それでは皆様にもツアーで出したクイズを1つご紹介。
皆さまもぜひご一緒に考えてみてください。

画像の2種類のおみこし。
家康と秀吉、どちらがどちらでしょう??

正解は、左のキラキラが前者。
右の大きな鈴いっぱいが後者。

金ピカというよりも、鈴と鈴の音で魔を祓うおみこしを秀吉は作ったんですね。
(風水のワザの1つです)

こういうことを伝える風水師が当時はいたのかもしれません。
実際はどうなんだろう・・・。

今日は神社、寺社を中心にたくさん歩きながら、歴史の背景を語り合う1日になりました。

明日は、滝まで散策してから戻ります。

明日から緒川先生です!
先生もいにしえのお話は強いので、家康公のお話してみようっと!!

明日の予報
動くのにとてもいい日。
お出かけやガーデニング、契約事にもいい日です。
積極的に動いてみましょう

 

The following two tabs change content below.
風水師 織路由麻

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占いは怖くない」 それをお伝えしたくて占いについて様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく開運出来るか」「安心して人生を歩むことが出来るか」、無理なく開運をしていく、占いを人生のパートナーに出来る時を願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました