家相・風水で運気を整えると、そこにいる人にも影響を与える?

横浜元町中華街の開運カフェ はこにわプレート店長の織路由麻(おりじゆま)です。

今日は、3級検定合格された受講生さんが、はこPに来て下さいました。
改めてワタシに言いたいことがあるといって・・・。

Aさん「実はですね、ここに来てから運気が変わったんです。
本当に驚くぐらい、ガラッと。今はここに来れることが幸せで。」

織路「どういうことですか?」

Aさん「実は、ガンで手術してから、日々怖くて怖くて。
会う人も、同じ病気になった患者の会とか、どこか影を背負った方とか。

で、やっぱりずっと、どこかで頑張らねば、と思っていて、織路さんが言っている
『〇〇しなければならない』って自分に負担をかけていたんです。

でも、ふっとこのお店に来て、あー気持ちいいなーって思っていたら、
Ory母さんとか、ロコ先生とか、ふんわりした人たちがいて、
広々した席でゆっくりさせてもらっているうちに、お店に来ているいろんなお客さまと話できて
前向きな話とか、大笑いできる話とかしているうちに、

あー、何だか怖がるばかりじゃなくて、勉強したいなーって思うようになって。
こんな未来に向けたこと考えたこともなかったのに、

そうしたら、新しい職場もみんな雰囲気が良くて、
友だちも明るい人たちが増えて、気づくと、道を歩いていても信号運までよくなって
一回、良い方に回り始めたら、回りにまで幸せになってもらいたいなーって思うように、
あー、こんなに幸せだったんだなーって思えるようになったんです。

3級で教えてもらった、まず自分が幸せになるっていう言葉、本当だなと思う。

大病をしたから怖い怖い、再発したらどうしよう、っていう気持ちよりも
今は、やれることやって、笑っていようって。

健康だったらわからなかった幸せを3級のお陰で実感したんです。
たぶん、いつも周りのことばかりに気を遣っていたから病気になったと思っています。
いつか言いたいって思ってましたが、今日言えてよかったー。

Ory母さんにもたまたま会えたし。」

明るい笑顔の陰にたくさんの思いがあったことを知り、ワタシは言葉が出ませんでした。

頑張り屋さんほど、自分のことを後回しに。
まず自分が幸せになる。自分で自分を幸せにする。
そんな当たり前のことが、難しくなるんですね。

占いは自分で自分の人生を楽しく歩むために便利に使うもの。
開運予報士®協会で、もっともっと体験・体感してくださる方を増やしたい、
改めて、再認識させていただきました。
ありがとうございます!!



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました