占いが運命の修正を手伝ってくれる

ある友人の手相を昨年6月に見ました。

住む場所が離れているので、いつもは電話だけなのですが、会う機会があったのです。

若い頃は、いろいろ苦労した痕跡がありましたが、生命線が晩年から2本になっているエナルギッシュな手相だったので、

「これもやりたい」「あれもやってみたい」ということ、全部、まずはやってみたらいいと背中を押しました。

でも、ワタシには教えてもらえなかったのですが、会った数か月後、少し体調を崩して、地元の病院で診てもらったその時に、お医者さんから「おなかに大きな腫瘍があり、余命半年」と言われたとのこと。

急にそんなことを告知されても、心乱れず、仕事の整理をし、自分に向き合い、家族と向き合い、いろいろな取捨選択をし、精一杯、努力する日々を送ろうと決意したあたりは、さすがに大好きな友人です。

そのまた数か月後、縁があって、東京のある有名な病院で、再検査したところ・・・、

地元のお医者さんの診立て違いだったそうで、そもそも、それは腫瘍ではなかったのだそうです。

友人は、それがわかって、やっとワタシに電話で教えてくれました。

「よかった~。そんなことってあるんだ。ドラマみたい。手相にそんな線出てなかったから、大事な人の見立てを外したかと青くなったよ~。そんなに大きな病気の印を見落とすはずもないし・・・。地元の先生のおかげで、一度人生のけじめをつけられて、新しい幕開けになったね。」

「本当にそう思うよ。よかったよー。自分では、なかなか区切りをつけられなかったからねー。」

お師匠さま(西谷泰人先生)がおっしゃっていたことを思い出しました。

「運命通りに動いていないとき、その人にその運命に向かうようになる現象が起きる。」

地元のお医者さんの診立て違いは、偶然ではなく、必然だったのかな。何かを整理して、新たな一歩に向かうように、と。

急に思い立って、何かしようと思われた方は、もう開運の鍵を手にしておいでです。

その感覚を無視しないで、「まずはやってみよう」と、できることからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

それでも、困っていたら、ワタシが背中を押す係をシマス!

( ̄* ̄ )



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。
タイトルとURLをコピーしました