受験に合格できる人が迷わずに最後までやっていること

横浜元町中華街の開運カフェ はこにわプレート店長の織路由麻(おりじゆま)です。

受験のご相談が増えてきました。

今日のご相談は、受験生ご本人からで、とってもカワイイご相談でした。
1月14日、15日が試験日で(センター入試ですね)、気持ちだけが焦ってしまい、

ちょっとでも開運したいから、と、模擬試験の帰りについ神社巡りをしてしまって、
御朱印帳を書いてもらって安心して、冬休みが終わってしまったとのこと。

お客さま「マックとかで遊びたいっていう気持ちではないんですけど」

織路「へー、友だちと神社を探して行くんですか?」

お客さま「一人でです。だって、みんなと行ったら、ご利益分けられちゃうじゃないですか」

織路「ははは。カワイイですねー。そもそも合格できるかどうかというラインにいるんですか?」

どういう運が流れていて、どうすれば勉強できる机のレイアウトにできるかということを
お部屋の図面を見ながら伝え、試験前に食べるものを選択し・・・

そして、そもそも、運というのは、実力が備わっているという前提条件があって
合格が叶うんだというお話をしたのでした。

織路「占いって不思議なんですよね。運がいいという鑑定を受けただけで、もう大丈夫って
勉強辞めちゃう人もいるんですけど、合格を保証したものではないんですよね。
あと、吉夢を見たから自分は受かるんだって思う人もいますよ。
人によっては、運がいいと聞いただけで、病気の方が、もう薬を辞めてもいいって
勝手に解釈しちゃうケースもあるんですよ。」

お客さま「へー、そういう時は、どうお返事しているんですか?」

織路「ええ、その判断は、占いするより病院に行ってくださいっていいます」

お客さま「はははー、大人でもバカはいるんですね」

織路「あらら、大胆な発言ですね。神社巡りしていると合格できる(成績上がる)
という人は、賢いんですかー(笑)」

お客さま「あー、確かに(笑)。そっかー。運に頼る前に勉強した方がいいってことですね」

織路「そうそう。でも合格しやすいコツはあるんですよ。」
勝負運を上げるための風水をお話していたら、

お客さま「御朱印帳より、こっちを見ながら頑張る方がいいなぁ」

お部屋につるすサンキャッチャーと、赤いひょうたんのストラップを買って
元気に帰っていかれました。

もう麻薬のように、どこの神社に行くとご利益があるかをネットで調べなくても大丈夫なはず。
合格したらまた遊びに来て下さいねー。

あと10日、今は自信を付ける時。
健康に気を付けて、できているところを確認する日々をお過ごしくださーい。

ここからの伸びは倍々ゲームです。
1→2→4→8→16・・・・
1日でもさぼったらもったいない!

カワイイけれど、必死な受験生さんとのお話でした。



【イベント・お知らせ】
スナフキン緒川先生予約鑑定&放談 (イベントカレンダー)(予約状況)(お申し込み)
はこにわプレート婚活部のブログはこちらから
はこにわプレート婚活部 お申し込みはこちらから
開運印鑑の詳細はこちらから
風水師 織路由麻の風水サロンで開運を伝授中!詳細はこちらから、ブログ版はこちら
はこにわプレートの電話鑑定 織路由麻の鑑定はこちらから
The following two tabs change content below.

風水師 織路由麻

「はこにわプレート」オーナー開運予報士® 創設者
風水師の織路由麻(おりじゆま)です。 「占術は怖くない」 それをお伝えしたくて占術について様々な情報を発信しています。 「どうすれば楽しく幸せになることができるか」「安心して人生を歩むことができるか」、無理なく幸せな道を選択していく、占術に頼り切るのではなく、人生のパートナーにすることを願って活動しています。

最新記事 by 風水師 織路由麻 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました