織路由麻(おりじゆま)の占い修行

姓名判断で人生を変えていく2

もともと、自分の占いは、いろいろな占いを組み合わせた「オリジナル」なものだと思っていたので、 「オリジン(起源)」⇒おりじ⇒織路 名前は、本名を逆にして「ゆま」 あとは、姓名判断で、一番いい漢字を当てました。 大吉で...
織路由麻(おりじゆま)の占い修行

姓名判断で人生を変えていく1

占いに興味を持ったのは中学生の頃からなので、かれこれ、30年は修行していると思います。 ワタシは、本を読むだけでなく、実践して検証して、データを蓄積して鑑定に行かしていくという考え方で、修行しています。 だから、理論はしっかりし...
織路由麻(おりじゆま)の占い修行

西谷泰人先生の手相鑑定・手相スクールのすごさと教え

ワタシのお師匠さまは西谷泰人先生です。 たぶん、西谷泰人先生のこと、ご存じの方は多いと思います。 7万人を超す方の手相鑑定をされていて、タモリさんをはじめとする芸能界の方々だけでなく、 サッチャーさんなど、政財界の方の鑑定...
店長の開運記録

運も行動力も必要になる「2時間で会社の通帳を作る」

会社の登記ができたという連絡が、起業コンサルタントの先生からあり、書類を受け取りに行きました。 「次の山は、会社通帳の作成ですね。これがまた大変なんですよ。数日かかると覚悟してくださいね。」 「どうしてですか?」 「去年、...
店長の開運記録

占い師が自分自身を導く「お盆休み中に実家が売れた」

まだ在職中だったので、株式会社を設立できていなかった、この8月のお話をご紹介します。 風水&家相を見ながら建てた開運の家でしたが、それを売って、資金を確保することにしました。 不動産屋さん曰く・・・ 「お盆に物件は動きませ...
店長の開運記録

占い師と家族の関わり「子どもの中学入試で試す」

店長は、子どもが2人います。 上の子は、比較的安定型のバランスのよい成績の取り方でしたので、公立に進みましたが、下の子は教科によって好き嫌いがあり、乱高下が激しいので、内申点は期待できそうになく、高校受験向きではありませんでした。 ...
店長の開運記録

はこにわプレートをオープンする元になった開運メニューって何?

昔から、方位学(=方位術)という占いがあります。 九星気学とも言われ、中国から伝わる方位術に日本オリジナルの考え方を加えた開運手法で、 節分や土用のうなぎなどは、その考えを応用したものです。 源氏物語の中でも「方違え(かた...
【堅めデス】起業までの記録

占い師としての世界観が問われる「会社設立か、個人事業かの選択」

レストランの経営の他、もう一つ、決めることがありました。 株式会社にするのか、個人事業にするのかということです。 レストランであれば、個人事業で十分で、そのうちに必要に応じて、業務はそのままで株式会社にするという「法人なり」とい...
【堅めデス】起業までの記録

世界に羽ばたく最初の一歩になりました

「仕事」は寂しがり屋だから、集まるところに集まる・・・、本当かどうかはわかりませんが、 その頃、会議の運営を任されるなど、嬉しい忙しさでした。 それだけに、なかなか退職を言い出せないでいました。 1週間、2週間・・・、ある...
【堅めデス】起業までの記録

初めて「おもしろい」と言われたのは行動の結果でした

銀行行脚などを続けるうちに、6月になっていました。 紹介いただいた方とはいえ、1カ月も、同じような状況だったので、その頃は、すっかり自信がなくなっていて、「どうせ、また同じことを言われるだろう」と思っていました。 ところが、目の...
タイトルとURLをコピーしました